ペットってかわいい!

空前のペットブームと言っても過言ではない現在の日本ですが、家族の一員として迎え入れる際には、飼い主である人間は動物を飼育していく事に関する勉強が必要である事は言うまでもありません。日本では子犬などを飼う際に真っ先に思いつくのがペットショップであり、ガラスの展示ケースに入っている小さな子犬などを、好きな時に見て購入する事が可能です。しかしこうした展示販売は欧米などの外国では禁止されている事も多いのが事実であり、ブリーダーから直接譲ってもらうのが一般的です。本来、産まれたばかりの子犬は母犬やきょうだい犬とともに過ごし、遊んだりけんかをしたり、お乳を飲んだりしながら、犬同士の社会性を育みます。この時期は、その後の子犬の性格形成や人間とともに暮らす際の社会化に大変大きな影響を与えると言われています。ですからブリーダーのもとで産まれ育った子犬達は、犬として非常に健全な状態であるというわけです。また本来、犬を売る仕事ではなく、犬種を維持していく事を目的としているために、その犬種標準を基にして真面目にブリーディングしているために、先天性疾患などの有無や体格など健康面でも非常に問題が少ないと言えます。そして、余計な中間コストがかからないので、市場価格より比較的安価で譲ってもらえる事が多く、飼い主にとってはメリットが大きいと言えます。



優良なペットショップ選びのコツとは

生後56日未満の産まれて間もない子犬などを展示販売する規制がでてしばらく経ち、動物愛護の点で昨今はペットショップからではなく、ブリーダーから直接譲ってもらうという方法も日本でも定着してきています。しかしショップは好きな時に実際に子犬などを見る事ができる事であり、一概に悪いというものでもありません。優良なペットショップ選びのコツは、先に述べた動物愛護の点を重視しているかどうかという事です。ガラスケースではなく天井がない広いサークルで、色々な犬種を交えて複数の子犬を放し飼いにしているようなショップは良いショップと考えて良いでしょう。この時期の子犬は、犬同士の関わり合いの中で社会化を学ぶと言われていますので、その大切な時期をこうした事で経験しているのは犬にとっても、その後飼う人間側にとっても大変メリットが大きいのです。また店員の質も選ぶ上で参考になるでしょう。良い面ばかりではなく、犬種の特性からくるデメリットや躾の方法などを話してくれるような店員がいるお店は大変優良だと言えます。また食事の時間などに見に行く事もおすすめです。優良なショップは食事を与える時などに簡単な躾、例えば「待て」や「よし」などといった基本的な人間のルールを身につけさせています。

犬に優しいペットショップの最新事情

昨今ペットブームによってペットショップも様変わりしてきているようです。生後間もない動物の展示販売をする事に対して問題視する動きも高まり、最近になって生後56日未満の子犬や子猫の展示販売を禁止する動物愛護法が成立しました。このことからもわかるとおり、生後間もない子犬などの展示販売は健康面はもちろん、その後の性格形成などにも大きく影響を与えると考えられるようになったのです。ブリーダーなどのもとで育つ子犬などは、動物本来の自然な姿とも言える、母犬やきょうだい犬達と共に日々過ごす事により、遊んだりけんかをしたりお乳を飲んだり叱られたりしながら、犬同士の社会性を学んでいきます。しかしガラスケースの中で展示販売する事はこうした事と正反対であると考えられるようになりました。最新のペットショップ事情はこのような動物愛護の点を重要視する動きが多くなってきた事からもわかるとおり、犬種を問わず複数の子犬を大きなケースやスペースに自由に遊ばせる展示方法が多数見られるようになりました。また販売する際にも、それぞれの犬種の特性などをはじめ、飼育方法の説明を徹底するという良い動きもみられます。動物の目線に立ち、正しい知識と愛情を持って共に過ごす事をすべての人達が真面目に考えるきっかけになるようなお店が増える事を今後も期待したいと思います。


  • イタグレの魅力

  • イタリアングレートハウンド通称イタグレは、イタリア原産の小型グレートハウンドです。体高が30センチ前後で、手足が細いという特徴があります。主人に忠実な性格なので、しつけしやすいです。物静かで温厚ですが、気温の低下やストレスに弱いです。物を追いかけるのが好きです。育て方は他の小型犬と変わりません。注意すべきなのは、気温の低下とストレスです。無理なしつけは、ストレスになります。長い距離を散歩する必要はないですが、冬の散歩は厳しくなります。毛が極端に少ないので、強い日差しにも弱いです。極端に寒かったり、日差しの強い日は外出させないほうが良いです。体の大きさのわりに声が太いです。無駄吠えが多くなると、近所迷惑になることもあります。マンションで飼うときは、無駄吠えさせないように注意しましょう。イタリアングレートハウンドは、とても優れた犬です。しっかりしつけすれば、育て方が簡単です。小型なので、それほど大きくなりません。すごい力で動き回ることがないので、散歩が大変ということはないです。毛が少ないので、家が毛だらけになりません。トイプードル並に飼いやすいです。可愛さで言ったら、トイプードルです。グレートハウンドはドッグラン向けです。

    イタグレの購入など

    ペットショップでワンちゃんを購入した場合、お店に展示されてすぐに引き取っていればいいのですが長期間の間ショーケースの中にいたワンちゃんは 非常に大きなストレスを受けているケースがあり、その後のしつけなどにおいて大きな障害になるケースが報告されています。

    こういった問題が起こら ないようにするために、直接ブリーダーさんからワンちゃんを分けてもらうというオーナーの方が増えています。また、ブリーダーから直接購入すると 当然、その分安くなります。最近ではブリーダーさんとオーナーの間を取り持ってくれる会社があり、こういった所に仲介してもらうと健康なワンちゃん の選び方などのアドバイスももらえます。

  • ペットの食事の注意事項

  • 愛犬に人間の食事をそのまま与えるのは健康によくありません。
    何故かというと、まず味付けです。
    塩分や、糖分、脂分が多すぎます。
    また、人間よりかなり身体が小さいので、カロリーも考えなくてはいけません。

    ペットフードにも注意点があります。
    それは最近の子はアレルギーを持っている場合があるからです。
    人間同様、鶏肉のアレルギーだったり、小麦粉のアレルギーの子もいます。
    成分を確かめて買いましょう。
    また、添加物のチェックもお忘れなく。
    できれば安心の国産で、無添加のものを選びましょう。

    そして、犬は、食べてはいけないものがあります。
    人間では普通に食べられているものも、わんこには毒だったりしますからここは要注意です。

    何がいけないかと、少し代表して例を申しますと、チョコレートやネギ類です。これは中毒症状をおこしてしまいますので、本当に危険です。
    色々なネットや本にそういった一覧を載せている方もいますので、調べてみましょう。獣医さんに聞くのもありですね。

    それと同時に、年齢においてもフードがわかれていますので、
    こちらも参考にされると良いでしょう。
    シニア向けでは太り過ぎ防止に。
    パピー向けでは消化がよくカロリー多く、等です。

  • 好奇心旺盛で活発な猫を室内で飼育する場合の注意点について

  • 猫を飼育する場合の注意点についていくつか解説します。イエネコは古来より人間とともに暮らしてきた家畜ですが、現在でも狩猟動物としての野生の習性は完全には退化していません。そのため、ネコジャラシで遊んであげたり、ねずみのおもちゃで遊んであげたりして、ストレスをためないようにさせてあげることが大切です。昔のように外で放し飼いにすることはおすすめできません。外で放し飼いにすると、病気にかかる可能性が非常に高くなるだけでなく、交通事故に遭遇する可能性も極めて高くなり、寿命を縮めてしまいます。さらに、糞尿で近所に迷惑をかけてしまいます。室内で飼う場合は、外へ脱走しないようにすることが重要ですが、これはなかなか難しいものです。特に若い成長期の猫は好奇心旺盛で、外へ出たくて仕方がないものです。脱走を防ぐためには、できれば扉は二重にするなどの工夫が必要です。脱走を防ぐには、普段からよく遊んであげて、十分な運動をさせ、外へ出なくても安心できる環境を作ってあげることが大切です。快適な生活をさせてあげるために、トイレの掃除も頻繁にし、安全で栄養バランスが良いキャットフードを与え、飲み水は毎日新鮮な水を与えるようにし、塩分の過剰摂取には特に気をつけなければなりません。


↑ページトップへ戻る